社会人になってから焦ってスキンケアを始めた

自分は10代の頃は、まるっきりローションなんて使った事は無いし、化粧もした事がなかったのです。
なので、もちろん肌荒れはすごいしシミやソバカスもあり寒い季節は乾燥のせいでお肌も痛くて泣きたいくらいでした。
社会人になり、周りの人がキレイな方が多く、私自身もやり始めないといけないなと目覚めました。

毎日、顔を洗い流し化粧水をつけ、美容液にモイスチャークリームをやるようになりました。
暇なときは、マスクもします。

それをやり始めてから、徐々にもちもちのお肌になってきました。
ちょっとくらいやらないとと思ってからは、日々どれほど疲れていても絶対にお手入れだけは忘れません。
敢えて高価な化粧品でケアする訳ではなくて、自分の肌質に合ったスキンケアを探し出して、自分に合うものをつけるようにしています。

あとは良い睡眠です。
睡眠が足りないと、肌の為によくないので、ぐっすりとよく眠れるように気遣っています。
質のよい睡眠というのは、長い時間ぐっすりと眠れるようにすることです。

眠る前は絶対にスマホは見ないし、早く寝て早く起きる生活に変えたのです。
床に入る時は寝巻を着ているし、足の裏をマッサージして寝るようにするとぐっすり寝ることが出来ます。
日々のケアと眠りというのはとても大切です。

わたし自身は、子どもの世話などもあり、ハッキリ言って、美容の為に十分に時間を使う暇なんて無いです。
でも、女なのでキレイでいたいとは思うのです。
そんな現状で、私自身が美しいままいられるように日頃から心がけている事は、良い睡眠をとる事です。

以前は、当然のように日付が変わるくらいまで起きていて、小腹が空いたら、夜食を食べてから布団に入り、朝についても仕事に間に合ういっぱいいっぱいの時間まで眠っていて、朝食を抜く事なんてあたり前でした。
この時は、お肌も荒れていて、気が散りやすく、正直、キレイとか考える余裕がありませんでした。

そしてある日、これではいけない、女性を捨てているなと過去を振り返りました。
それ以来、夕食を食べてから二時間以上は空けるようにして、夜の10時までには就寝。
そして朝六時には起床しています。

毎日しっかり寝て、朝も早く起きるとスッキリした気分ですし、朝ごはんもちゃんと食べられます。
そのお陰なのでしょうか、早寝早起きするようにしてから、お化粧がのらないと思うような事はありません。
それに、外側がきれいになるだけでなく、きちんと眠る事が出来ているので昼間も活動的になり、心のキレイも維持できているように感じています。

その為、美容にとって最も大事なのは、質の良い睡眠をとる事なんだな。
なんて、生活を変えてから日々実感しています。

あなたは毎日「野菜」をとっていらっしゃいますか?
朝食は御飯と納豆、お昼ご飯はラーメン、夜は飲みに行っちゃっておつまみ程度、思えばほとんど「野菜」は食してないという事はないでしょうか。
私の場合超のつく「冷え性」で、暑いシーズンでも会社の冷房攻撃がすごくって、防寒対策グッズは必須でした。

加えて体調を崩す事が多かったです。
何とはなしに行きつけの飲食店でその話をマスターとしていたところ、お野菜の摂取量が少ないからだと言い出して、特製の「野菜スープ」を作ってくれました。
透き通った「スープ」の具としては、カボチャや小松菜やジャガイモやらがいっぱいあって、すごく身体が温まりました。

それから次の日のお通じが本当にいい感じでした。
よくよく考えると食物繊維をあんまり口にしておらず、便通がよくなかったのです。

ゴハン屋さんであの話題にならなかったら、未だに体調が悪かったかも・・・。
仕事が忙しいと「食事」も簡単に済ましてしまいがちですよね。
もしくは食べなかったり…。
身体のためにも、これからは野菜類を食べてみませんか?