どうやったらUVカットができるのか模索

紫外線に当たると肌にシミができるとおばちゃん達に忠告されたりしますよね。
学生の頃つい呑気に紫外線を浴びまくっていた為にすごい色素沈着が起きてしまったと言っている人がたくさんいます。

銭湯通いやジム通いしていると結構いるんですよ。
特にサウナ風呂などは個室感も強く女だらけなのでそういった告白も多いです。

紫外線自体は目に見えるものではないのでどうやったらUVカットができるのか模索しました。
完璧に「紫外線」を遮蔽する事は出来ませんがこの先もどんどんと紫外線防止対策を強化する必要があります。

そんな訳でクルマに乗っている時はパーカーを羽織ったり、長そでが着られない場合は腕が全部覆えるくらいのアームウォーマーをしています。
紫外線対策用の長手袋を活用しています。

近ごろ着用している長手袋はUVカット率が最大98%っていう品です。
指ありタイプのアームカバーなので手の先端までキチンと紫外線対策が出来てありがたいです。
数年後のことを考えてこれからも続けます。

日々の、ファッション。
洋服をおしゃれに着こなしたい。
着こなし美人になりたい!センスが悪いなんて人に見られたくない。
そんな思いが常にあります。

どこかを間違えると変になってしまいます。
着回しってとても奥が深いと思います。
けどおもしろい。
だから、いろんなことを気をつけています。

例えば雑誌をめくって流行をチェックしたり自分をかがみで見ながら服の感じはどういうのが良いかとかどの色が自分に合うのかなどを自分自身の視点で見極めるようにしています。

ファッションセンスのいいモデルさんのSNSも見て勉強しています。
お出かけしたときに、色々な服を見たり触ったりして感性を磨いたりするのも勉強のひとつなのでいつもアンテナを張り巡らしています。
知人とファッションについての情報の交換をするとか、知人に助言をされたりする事も、とても楽しいし勉強になりますね。

些細な事も気に掛けていれば成果はあると思います。
あきらめないことが大事だと思います。
今以上にセンスに磨きをかけたいです。

ここ最近年齢のせいか、それほど体重は変わらないのに心なしか太ったように見えるので気になっていました。
何だか体のラインが野暮ったいんですよね。

逆に言えばダイエットしなくても、メリハリの効いた体のラインなら痩せて見えるに決まってると思い、我流でエクササイズをすることにしました。
以前は「有酸素運動を20分以上続けないと脂肪燃焼効果は現れない」ということだったのですが、近頃の調査によると短時間の運動でも脂肪燃焼の効果が現れるとすなわち運動の貯金ができるようになったとテレビでみたので、いつでも小まめに運動することを心掛けています。

まず初めに運動量を増やすために気をつけているのが、効率的に動かない事です。
例を挙げれば、食後のお皿をキッチンに持って行く時も、わざと一枚ずつ行ったり来たりして運びます。

洗濯ものを干すときも、下に置いた洗濯カゴから一枚一枚故意に何度もかがむようにしてスクワット効果を狙います。
風呂に入った時は手で洗うようにして、右半身は左手で、左半身は右手で洗い、ツイスト効果をプラスしています。

買い物に出かける時も自転車を使わず、ウォーキングさらに二つの袋に同じ重さになるように入れて、帰りには体から腕を離すように荷物をもって上腕をシェイプアップするように。
案外ゲームのミッションを遂行しているようでワクワクしながら継続中です。

体重が減ったということはないのですが、少しお腹周りが引き締まってきた感じ。
シェイプすることが目標でしたが、体を動かすせいか思いのほか最も効果があったのは冷えなくなったことでした。
嬉しい二次効果です。

また体力がアップしたのか、体を動かすのも楽になってきたのでもう少し本格的にトレーニングを組み込めそうです。
出来る範囲でやってみて無理しないで続けることが美容のコツかもしれないですね。