主婦を忘れる休日を過ごしたい

私は主婦なので休日は毎日あってないようなものです。
夫に言わせると毎日が休みみたいなもの等と言われてしまいますが、一日を振り返って見ると育児や家事をしている事がほとんどで、自分の為の時間はそれほどないのです。

私の理想の休日は、一日を通して育児や家事を忘れのんびり過ごす事です。
まず、朝は喫茶店のモーニングを食べて大好きなコーヒーをゆっくりと味わいたいです。
朝はなかなか起きてくれない子供と、起きて眠いの押し問答で時間が過ぎてしまい、慌てて朝食の準備をし夫と子供の身支度を整えてから二人を送り出すと言う慌ただしい毎日です。
休日ぐらいは心が落ち着く音楽を聴きながら、椅子にゆっくり腰かけて今日はどこに行こうか等と考えてみたいものです。

その後はショッピングセンターでショッピングを楽しみながら、ふらりと映画館に入って話題の映画を見るのも良いなと思います。
そして本屋さんに立ち寄って欲しかった本を探したり、美味しいランチのお店を探したりしたいです。
ランチの後は可愛い雑貨店でインテリアや食器類を見たり、気に入ったものがあれば思い切って購入したりして自分の為に何か買いたいです。
ゆっくりと外で食事したり自分のものを買ったりする事は、普段あまり出来ないので私にとってはこれが理想の休日です。

しかし一人でのんびりの理想的な休日も、いつも子供や夫の事が気になってしまうと思うので、現実にしてしまうと理想通りとはいかないかもしれません。
今はこんな休日を過ごしたいなとぼんやり考えているのが、幸せなのかもしれないなと思っています。

 

寝顔を見れた時幸せだと感じる瞬間

授かり婚で結婚した私達は、年子で第二子を出産、二人の育児と家事とで、毎日が戦争でした。

OL時代には感じなかった自分の時間の無さに、ストレスを感じ、イライラすることが多い私は、余裕がありませんでした。どうしてもっと上手く子育てが出来ないのだろうと悩む日々でした。

夜、子供を寝かしつける時に私も疲れきって一緒に寝てしまいます。本当は子供達が寝たあとに、自分の時間を作り、自分のやりたいことをしてストレス発散させたいのですが、子供と一緒にお布団に入ると、子供より先に寝てしまうこともある位に、一気に深い眠りに入り、起きた時には朝日が登り、一晩ぐっすり寝てしまうのでした。

今日もまた寝てしまったと後悔しながら、また朝から子供達に向き合う日々。そんなとき、母から実家に泊まりにおいでとのお誘いを受け、私と子供達で泊まりに行きました。母が寝かしつけてくれたので、私は久しぶりに自分の時間か持てて幸せだと感じました。

そして母から「子供達の寝顔を見れた時が幸せだと思う瞬間だよね。」と教えてくれました。私はいつも寝てしまうので、子供達のすやすや眠る優しい寝顔を見れて、本当に幸せだと感じました。