わたしが健康のために気をつけていること

わたしは「健康は丈夫な歯から」だと思っています。歯が丈夫でなければ健康ではいれません。歯が丈夫でないと食事が美味しくありません。栄養も取れません。

それに口は内臓の入り口です。入り口が綺麗でないと内臓まで汚れてしまうんじゃないかと思っています。だからわたしは口の中をいつも綺麗にしている事を心掛けています。毎食後のブラッシングには歯間ブラシとフロスも使用します。

歯医者に半年に1回は定期検診に行き、自分で取りきれなかったプラークと歯石をクリーニングしてもらいます。それからわたしはストレスが貯まると歯ぎしりをしてしまう癖があるので歯医者で就寝時に着けるマウスピースを作成してもらい毎日つけて寝ています。歯ぎしりは酷いと歯を支えている骨を溶かして歯周病を進行させたり、歯が削れるだけでなく折れてしまう事もあるそうなのでマウスピースがないと怖くて眠れません。

おかげでわたしの口の中はいつも健康ですし体調を崩すこともほとんどなく健康に過ごしています。

 

疲れた時は消化の良い物を選んで食べる

仕事をしていて夜遅くまでなることがしばしばありますが、そんな時は夕食の時間も当然ずれ込みます。
普段は7時前後に夕食をとりますが、会議やどうしても外せない仕事のため、11時頃になることもあります。

この時間になると本当は身体のために食べないほうが良いのですが、疲れていると何か食べたくなってしまうものです。そんな時にはできるだけ消化の良い物を選んで食べるようにしています。

私が食べることの多いメニューは麺ものですが、特に好きなのはライスヌードルです。これだと簡単に食べることもできて、なおかつ翌日もさほど胃が重く感じないので私にとっては食べやすいメニューの一つになっています。その他にもナッツ類なども好んで食べています。

夜のこの時間帯に疲れて何か食べたくなる時には、さほど食事の量は要らないので小腹を満たす程度のものが丁度良いと感じています。このくらいのメニューであれば太りづらいので、疲れた時の強い味方です。

 

自分の健康測定

遍歴を過ぎた頃から体の衰えを感じるようになった。
一番身近に感じるのは目の衰えである。
近くの文字が見えずらい、暗いところから明るいところに出ると眩しくてしばらく動けない。

そこで衰えてきたところを箇条書きに並べてみた。
自分の衰えがわかれば健康に対応することができると考えてみた。

①目の衰え

②耳
高音が聞こえなくなってきた。低温が響きうるさく感じる。

③髪の毛が少なくなってきたとともに白髪が増えてきた。
健康に直接関係ないがこのことで心を病むことが多い。

④鼻
臭いが感じなくなってきた。特に酸味など酢の臭いが感じられない。寿司を食べても昔のような感じではない。

⑤顔全体がゆがんできているような感じである。
目元と顎当たりのたるみは30代ではとても考えられなかった。
朝起きて顔を洗った時に指の引っ掛かりでたるみがわかる。
洗顔石鹸がしわの間にたまるのである。
そのままにしておくと夕方にはこびりつき顔がはがれなくなってしまう。

このことを考慮して健康に気をつけ対処していけばいいと思う。