ニキビの再発を予防するために生活習慣を見直してみる

ニキビは一度治ってもまたできやすいお肌のトラブルです。

治癒したからといって暴飲暴食や不摂生な生活をしていると、また繰り返しニキビができてしまいます。

ニキビの再発を予防するには、お肌を清潔に保つようにし、不摂生な食事や暴飲暴食をせず、睡眠をしっかりと取る事が重要なことだと思います。

 

ニキビは思春期にさしかかると出始める症状で、赤ちゃんにはできません。

赤ちゃんに度々起きるのは、オムツかぶれなどで知られるかぶれですよね。

実際、赤ちゃんの肌は、大変敏感で、即座にかぶれてしまいます。

 

ニキビはかぶれとは同じではありません。

ベビーのお肌に何かトラブルが発生したらなるべく早めに病院で診てもらってください。

 

吹き出物を予防するために、朝食で、果物を摂取するようにしています。

その季節の旬の果物を欠かさずに摂取しています。

フルーツを摂取するようになってから、肌を見てくれる人が多くなり、生理前でもニキビが発生しなくなりました。

お腹の調子がよくなったのも、吹き出物ができなくなった理由の一つと推定できるかもしれません。

 

ニキビケア用の洗顔料・化粧水など、ニキビケアに効果的とされている商品がドラッグストアなど、お店で売っています。

しかし、たくさんあるので、自身のニキビに合う商品を発見するのは難しいです。

サンプルなどがが配られていれば試供品を使ってから自分の肌に合えば買うようにするといいと思います。

 

生理の前になるとニキビになる女性は割といらっしゃると思います。

嫌なニキビができてしまう理由として、ホルモンのバランスが崩れ、肌が荒れやすい状態になってしまうのと、生理の前にはどうしても甘いものが欲しくなったりするので、ニキビに悩むことが起こってしまうのでしょう。

ヨーグルトがニキビには良くないとのように言われたり、逆に良いとされますが、その手の情報の真偽は明らかではございません。

実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、日頃からバランスの良い食事を心がけるようにすれば、ニキビの防止に繋がると感じます。

 

そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。

実は、ニキビには潰して良いものと潰してはいけないものとがあります。

潰しても良いニキビの状態というのは、ニキビの炎症が落ち着いて、膿が白くなり盛り上がってきている状態のものです。

このニキビの状態とは、膿が外へ出ようとして芯が出来ている状態になりますから、専用の器具や針といったものを使えば、潰しても大丈夫でしょう。

 

ニキビというのは、若い子たちが使う言葉で、20代以上になると吹き出物と言うのが普通なんて言う人もいます。

つい先日、何年ぶりかで鼻の頭に大きな吹き出物ができてしまったので、主人に、「ニキビができたの」と話すと、笑いながら、「ニキビじゃなくて吹き出物でしょ」と、バカにされてしまいました。

 

肌トラブルとニキビが関係していることもあるんですね。

吹き出物はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、主に思春期にで発生しやすいです。

しかし、思春期をすぎてもできるケースがあり、その事例では大人ニキビとか吹き出物と名付けられてます。

で、この大人のニキビの根源が肌荒れですから、肌の手入れや生活習慣には注意が必要です。

 

母親はニキビが多くて、私本人も中学からニキビに悩まされ、二十歳を越えた今でも、よくニキビができるので、顔のお手入れは注意してやっています。

そして、三歳になる娘もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。

痛ましいことに必ずニキビができやすい肌になりそうです。

遺伝は恐ろしいなと思いました。