母の悲しい借金癖

借金を繰り返す心理というものを考えると苦しくなります。

最初はきっと羞恥心があるでしょう。

でも借金が癖になっている場合、そんな自分が人にはどう映るかなど考えもしないのでしょうか。

あるいはそういった思考をすべて放棄してしまうのでしょうか。

でも、本人が考えることをやめても、周りはそうではありません。

 

私の母は借金を重ねてしまう人でした。

もとは明るく聡明な働き者だったので、その転落は物悲しいものでした。

嫁・姑問題、父の大病など理由は山ほどあるのですが、酒とギャンブルに逃避するようになり、ついに借金を重ねるようになりました。

何度止めても徒労に終わり、中学生だった自分には無力感しかありませんでした。

やがて母は家を出て行きました。

 

社会人になると久しぶりに電話がきて、お金を貸すよう言われました。

「どうしても来週まで作らないとやばいんだもん」と甘ったれた声。

この人はまだやっているのか…ついに娘にまで…

母はとっくにすべてを諦めてしまったのだと悟ると、情けなさと腹立たしさで涙が止まりませんでした。

 

Comments are closed.